SMBCモビットの審査ではどんな返済履歴が影響しますか?
主にカード類やローン関係の返済履歴がチェックされます。

結論から言えば、SMBCモビットの審査ではカードローンやクレジットカードなどのカード類の返済履歴、住宅ローンや自動車ローンなどのローン関係の返済履歴をチェックした上で融資の判断を行っています。

SMBCモビットの審査に影響のある主な項目
  1. カード類の返済履歴
  2. ローン関係の返済履歴
  3. その他、信販会社の支払い

今紹介した3つの分野以外での支払履歴で目立った滞納や延滞がなければSMBCモビットの審査には通る見込みが高いと言えます。

そのため、健康保険料の滞納や延滞、家賃や公共料金などの滞納や延滞があっても、原則SMBCモビットでは審査に直接的な影響はないと言えます。

 

SMBCモビットは返済履歴をどうやって調べているのか?

でも、どうやってSMBCモビットは僕たちの返済履歴を知れるんでしょうか?
それはSMBCモビットが信用情報機関に加盟しているからです。

SMBCモビットはCICやJICCと呼ばれる信用情報機関に加盟していて、あなたの過去のカード類やローン関係の支払履歴をチェックすることができるからなんです。

信用情報機関とは?

カード会社や信販会社などが加盟している、国から指定を受けた団体。

審査の申込があると、他社の支払履歴や利用状況に問題がないかを各加盟団体と情報共有しているデータを参考にすることができます。

個人情報の問題についても、審査申込時の利用規約にも明記されているので、お暇な時にチェックされてみて下さい。

これは金銭の融資に関わる企業であればまず間違いなく加盟している団体なので、SMBCモビットだけが特別という訳ではありません。

むしろ、この国から指定を受けている信用情報機関の情報照会を利用することで、短い審査時間で融資を実行することができるありがたい存在とも言えます。

 

審査に影響する返済履歴と影響しない返済履歴の違いは?

じゃぁ審査に影響する返済履歴には違いがあるんですか?
極論、信用情報機関で現れない返済履歴は審査に影響はありません。

SMBCモビットの審査などで聞かれる「現在の借入額」や「借入件数」ですが、一体どのようにして答えていけばいいのかと言うと、「信用情報機関で管理されている件数」を答えるのがスマートな回答方法と言えます。

つまり、SMBCモビットが見ている返済履歴と言うのは、極論「信用情報機関で照会できる返済履歴」の事なので、そこに現れてこない返済履歴と言うのは申告しても確認する術がありません。

具体的には、以下のような基準で「審査に影響がある返済履歴」と「審査に影響がない返済履歴」の判断をされるのがおすすめです。

 

審査に影響がある返済履歴の項目

冒頭でも紹介したとおり「1.カード類の返済履歴」「2.ローン関係の返済履歴」「3.信販会社の支払履歴」の3つがSMBCモビットの審査に影響を与える返済履歴と言えます。

具体的には以下の通りです。

1.カード類の返済履歴
  • カードローン
  • クレジットカード
  • 消費者金融 など

銀行カードローンの借入額は総量規制対象外として取扱うカード会社もありますが、返済履歴は細かくチェックしているケースがほとんどです。

 

2.ローン関係の返済履歴
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン など

主に銀行や国から借りた「○○ローン」と名のついた、目的別に契約する必要のあるローンはここに該当します。

原則、総量規制対象外の借入項目となるので、現在の借入額には該当しませんが、返済履歴はチェックを受ける可能性があります。

 

3.信販会社の支払履歴
  • 運転免許合宿の費用
  • 家具や家電などの分割購入
  • 携帯電話の本体購入代金 など

ジャックスやオリコなど、信販会社を通じて分割購入をした場合も返済履歴の項目としてチェックされています。

特にSMBCモビットの審査落ちの原因でもっとも注意したいのが「携帯電話の滞納や未納」です。

携帯電話の本体代金も携帯会社の審査を通じて分割購入をしているという考え方になるため、滞納や未納があると審査に通りにくくなります。

もし今の時点で滞納や延滞がある場合は、早めに携帯ショップに行き支払いを済ませておきましょう。

 

審査に影響がない返済履歴の項目

逆に、上で紹介した返済履歴以外の項目は、SMBCモビットの審査では影響がないと言えます。

具体的な事例としては以下のようなものは、SMBCモビットの信用情報には上がってこないので、審査には直接的な影響はありません。

1.家賃や管理費の滞納
  • 家賃の滞納
  • 管理費の滞納
  • 修繕積立費の滞納

住宅ローンの滞納情報は信用情報にはでてきますが、賃貸住まいにおける家賃や管理費の滞納は信用情報上には出てきません。

また、区分所有者の管理費や修繕積立金の滞納や延滞履歴も信用情報上には出てこんないので、SMBCモビットの審査に影響は与える心配は少ないです。

ただし、賃貸契約の際に結んだ保証会社が信販会社になっている場合は、何らかの形で信用情報上に滞納履歴が載る恐れがあるので注意が必要です。

 

2.ガス・電気などの滞納
  • 公共料金の滞納
  • ネット回線の滞納
  • 固定電話の滞納

上で紹介したようなインフラ系の滞納情報も、直接的に信用情報に載る心配はありません。

ただし、クレジットカード払いを選択している場合は、カードの滞納履歴という形で表示される恐れがあるので注意が必要です。

また、固定電話の利用料は信用情報に乗りませんが、分割購入したものであれば、信販会社の情報として載る可能性が残ります。

 

3.保険料などの滞納
  • 国民健康保険料の滞納
  • 国民年金の滞納
  • 入院保険などの保険料の滞納

民間・行政を問わず、保険料になどに関しての滞納情報も、信用情報機関に情報が載る心配はまずありません。

善悪の話は別として、国民年金を滞納している人は多いと思いますが、年金の滞納履歴を原因にSMBCモビットの審査に落ちることはまずないと考えて大丈夫です。

ただし、これらの情報もクレジットカード払いを選択していると、カードの滞納という形で信用情報に履歴が載る恐れがあることは注意が必要です。

嘘を付いてもバレないという訳ではありませんが、友達とのお金の貸し借りなどを申告して、いたずらにあなた自身の信用情報を落とす必要はありません。

SMBCモビットに審査を申込む時は、こういった慎重な申告というのも意外と大切です。

どうしても不安な時は信用情報機関に問い合わせることも方法!

一度に色々言われても分からないんだけど…
そんな時は一度信用情報を取得してみましょう

もしあなたがどこに滞納や延滞があるのか心当たりが掴めないと言う場合は、一度自分で信用情報を取得してみることをおすすめします。

信用情報の情報開示請求の手順
  • 信用情報機関のサイトへ移動
  • 個人情報の開示請求のページを開く
  • 情報開示の請求手続きをする
  • 信用情報の閲覧ができる

支払い方法は、定額小為替やクレジットカード払いなどを選択できますが、カードで支払いを済ませば即時閲覧ができるのでおすすめです。

情報開示請求の詳しい方法は各公式サイトの情報を参考にして下さい。

主な信用情報機関の公式サイト

 

他社での借り過ぎが不安な時は他のカードローンを探すのもおすすめ

信用情報に不安があってSMBCモビットの審査に通るか心配です
そんな時はSMBCモビットの10秒簡易審査がおすすめです

SMBCモビットは大手カード会社として人気も高く、審査基準もとてもしっかりしているカードローンです。

だからこそ、SMBCモビットの審査に通れば安心して利用できたり、低金利でカードローンを使えるメリットもあります。

ですが、もしあなたが信用情報に不安や心当たりがあって、SMBCモビットの審査に通るか不安に感じているのなら、まずはSMBCモビットの10秒簡易審査で調べてみることをおすすめします。

SMBCモビットの10秒簡易審査を利用すれば、あなたが今すぐ借りれるかどうか簡易的な審査結果を表示してくれるのでとてもおすすめです。

SMBCモビットの10秒簡易審査の特徴!
  1. 最短10秒で結果表示
  2. 最短30分で審査が完了
  3. 即日融資もOK!

もしあなたがまだSMBCモビットの審査を申込んでいないと言うのなら、まずはSMBCモビットの10秒簡易審査を利用して、あなたが今すぐ審査に通るのか調べてみることをおすすめします。

逆に、すでにSMBCモビットの審査に落ちているのなら、今回のような信用情報の履歴に問題がないかなど、審査落ちの原因を探し行くことから始めていきましょう。

また、どうしても今すぐお金を借りたい時には、SMBCモビットではなく審査の甘い消費者金融を探してみるのも一つの方法です。

下でまとめた中小消費者金融なら、SMBCモビットほど審査は厳しくなく、安全に利用できることを確認できているので、ぜひ利用してみて下さいね。