SMBCモビットの審査って住所や居住情報は影響するの?
ゼロとは言えませんが、あまり心配する必要はありません。

SMBCモビットではあなたの住所や居住情報を審査項目の参考に使っていることは間違いありません。

ですが、居住情報だけを理由にSMBCモビットの審査に落ちることはまずないと言えます。

あくまでSMBCモビットの審査は総合的な判断を元にして審査を行うので、住まい情報だけで差別されたり審査に落ちる事はないので安心して下さい。

一般的な審査と居住情報の関係
  1. 「持ち家」は強い
  2. 「官舎や社宅」も評価が高い
  3. 「賃貸」の評価は普通
  4. 「アパートや公団住宅」はやや注意

上の表は一般的に言われるカードローンの審査評価の基準です。

結論から言えば、持ち家保有者や官舎・社宅住まいの人であれば、SMBCモビットの審査に通る見込みはとても高いです。

また、賃貸住まいの人も多いので、SMBCモビットの審査で不安になる必要はまずありません。

一応注意しておきたいのが、アパートや公団住宅を現住所に構えている場合です。

この場合、SMBCモビットの審査で多少のマイナス評価になるかもしれませんが、その他の項目(年収や返済実績など)で問題がなければ十分審査に通ります。

 

どうして居住情報がSMBCモビットの審査に影響を与えるのか?

でも、どうして居住情報がSMBCモビットの審査に影響を与えるの?
過去のデータや統計を基にスコアリング判定を行っているためです。

SMBCモビットの審査時間が最短30分ととても短いのは、スコアリング判定を採用していることが一つの理由と言えます。

スコアリング判定とは?

申込み情報の内容を項目ごとに数値化し、合計点数によって融資可能かの判断を行う手法。

この方法を採用することで、WEB審査の申込内容をコンピューターで処理し、審査時間を圧倒的に短縮できるようになりました。

今ではネット申込ができるカードローンはほぼ例外なくスコアリング判定を自動で行っていると言えます。

電話の担当者は申込内容に嘘や間違いがないかを確認し、最終的な融資判断の連絡を担当しているケースが多いです。

それで、居住区分に関する情報もスコアリング判定の項目であることは間違いありません。

ですが、居住区分で配分されるスコアは、年収や返済履歴と比べるととても割合が小さく、そこまで過度に心配する必要がありません。

以下に、それぞれの居住区分に該当するときの審査の傾向や注意点などをまとめたので、参考にして下さい。

 

「持ち家」はローン残債ありでも強い

point 1
持ち家は
審査に強い

SMBCモビットに限らず、あらゆるカードローン審査に強いのは「持ち家保有者」からの審査申込です。

理由として、持ち家があるほど(住宅ローンの審査に通るほど)の与信の持ち主なら、カードローンの返済も問題なく行けるだろう、という考え方ができるためです。

また、理想は土地付き戸建ての持ち家ですが、マンションなどの区分所有者でも問題ありません。(家族名義で保有している場合も同じ)

もしあなたの現住所が持ち家なのであれば、住宅ローンの返済履歴に注意しつつ、審査を申込めば大丈夫です。

 

「官舎や社宅」も評価が高い

point 2
官舎や社宅は
与信が高い

官舎や社宅に住んでいる人もカードローンの審査評価としてはとても高い傾向にあります。

これは給与支払者である行政や企業の資本が大きいから官舎や社宅を提供できるという考え方があるほか、夜逃げされるリスクが低いという考えがあるからです。

持ち家や社宅住まいの場合、万が一カードローンの滞納が発生したとしても、そうそう逃げられることはないという判断が付くため、審査でも高評価になりやすいです。

 

「賃貸」の評価は普通

point 3
賃貸住まいでも
審査は通る

賃貸住まいの場合でもSMBCモビットの審査は問題なく通ります。

今時、生涯賃貸に住む人も珍しくはないので、その点はSMBCモビットのスコアリング判定にもしっかり反映がされています。

ただし、あくまでSMBCモビットの審査は総合評価によるものなので、他社の支払履歴や借入状況には注意が必要です。

あなたの過去の返済実績や現在の借入件数に注意して審査を申込めば、SMBCモビットの審査には問題なく通ると言えます。

 

「アパートや公団住宅」はやや注意

point 4
公団住宅は
注意が必要

同じ賃貸でも、アパート暮らしや下宿生活、公団住宅に住んでいる場合はSMBCモビットの審査でも注意が必要な属性となっています。

アパート暮らしや下宿生活者の場合、もともとの年収水準が低い傾向があるため、結果的にSMBCモビットの審査に通りにくい傾向があります。

また、過去のカードローン利用者の統計を取ると、公団住宅に住んでいる人の夜逃げ率が高いと言うデータがあることもあり、公団住宅に住んでいる場合の審査評価は低くなりやすい傾向もあるようです。

この場合、本人確認書類のほか社会保険証の提出など、あなたに安定収入があることを書類でもしっかり証明することや、限度額を低い金額にして申し込むなどの方法が有効です。

 

SMBCモビットの審査は総合評価だから居住地の心配は必要ありません

繰り返しになりますが、SMBCモビットは大手カードローンだからこそ、居住区分だけで審査を決めたり差別することは絶対にありません。

あくまでSMBCモビットは審査で申込みした内容を元にスコアリングを行って総合的な判断で融資結果の連絡をしています。

だからこそ、たとえあなたがアパートや公団住宅住まいだったとしても、その他の年収や返済履歴など、その他の評価が良ければ審査には十分通るので諦めないで下さい。

一方、持ち家や社宅住まいの人なら、SMBCモビットの審査も通る見込みがとても高いので、さっそく審査を申込んでみることをおすすめします。

SMBCモビットならWEB完結申込を利用することで、あなたの会社や勤務先に電話確認が行われることなく審査が最後まで完了するので、あなたも安心してキャッシングすることができますよ!