SMBCモビットの審査ではどんな必要書類がいるのでしょうか?
大きく本人確認書類と収入証明書の2種類が必要です。

 

本人確認書類は名前や住所、生年月日などが記載された運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。いずれかひとつあればSMBCモビットに申し込めます。いずれも原本ではなく写しで構いませんが、有効期限内か否か必ずチェックしてください。

運転免許証に変更履歴がある場合は、忘れずに裏面もコピーしましょう。健康保険証がカードの場合は裏面も必要です。パスポートは、住所と顔写真が載ったページを提出しましょう。

3つとも名前と住所、生年月日が記載された面をコピーしてください。現住所と書類の異なる場合は変更手続きを先に完了させましょう。疑問点がある場合は、申し込み前にSMBCモビットに電話して確認することがポイントです。分からないまま申し込むと手続きに時間がかかるので先に解消しておきましょう。

SMBCモビットの主な必要書類は?
本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
収入証明書
  • 収入証明書
  • 税額決定通知書
  • 収入証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(2か月分)

収入証明書類として提出できるのは、源泉徴収票や所得証明書、給与明細、税額決定通知書の写しなどです。給与明細の場合は、直近2か月分が必要になるのでしっかり準備しましょう。また、賞与支給がある場合は、賞与明細書も用意してください。

会社員でなく個人事業主である場合は、確定申告書の写しを提出すれば問題ありません。SMBCモビットは会社員だけでなく、個人事業主も申し込みできるので安心です。

本人確認書類・収入証明書類の写しにマイナンバーが記載されているなら、見えないように加工してSMBCモビットに送りましょう。提出した書類は返却されないので注意してください。

SMBCモビットの必要書類について知っておくべきポイント!

SMBCモビットの必要書類で知っておいた方がよいポイントってありますか?
審査申込の前に押さえておくべきポイントが3つあります。

SMBCモビットに申し込む際に必要な書類について説明しましたが、提出の前に知っておくべきポイントが3つあるのでしっかり押さえましょう。事前に把握すればスムーズに申込ができます。

今回お伝えする、SMBCモビットの必要書類について知っておくべきポイントは次の3つです。それでは順番に詳しく見ていきましょう。

 

必要書類のポイント!
  1. 申込方法で必要書類が変わる!
  2. 必要書類の提出方法は3種類!
  3. タイミングは仮審査に通過後!

 

SMBCモビットは、パソコンやスマートフォンでWEBから申し込む方法や電話、郵送、ローン申込機を利用する方法などがあります。申し込み方法によって必要書類が少し異なるので、事前にチェックが必要です。

また、必要書類を提出する方法もWEBやスキャン、郵送の3つあります。具体的な提出の仕方を後ほど詳しく解説します。

SMBCモビットの場合、必要書類を提出するタイミングは仮審査に通過したあとです。仮審査を申し込んだ時点では書類が必要ないので安心ですが、逆に言えば通過後に提出しなければ利用ができません。審査に通った安堵感で忘れる人がいますが、きちんと必要書類を出すことが大切です。

それでは、上記3つのポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

ポイント①:必要書類は審査の申込方法によって変わる!

point 1
申込方法で
書類が変わる

 

先に説明したとおり、SMBCモビットの申込方法はWEBから申し込む方法や電話、郵送、ローン申込機を利用する方法などがあります。利便性の高さからWEBで申し込む方法を選ぶ人が多いです。そこで今回は、WEBで申し込む場合の必要書類について詳しく解説します。

SMBCモビットのWEB申込は、カード申込とWEB完結申込の2種類です。即日融資を受けたい人やWEB完結申込の条件を満たさない人はカード申込になります。一定の条件を満たせば電話や郵送物がこないWEB完結申込を利用できます。

カード申込はカード発行機に行く手間がかかったり、カードが自宅に郵送されるまでに時間がかかったりするデメリットがあります。

一方、審査に通ってカード発行機に行けばすぐにお金を借りられるのが特徴です。WEB完結申込は周囲に利用がバレづらいのがメリットですが、その分カード申込より必要書類が多くなります。

カード申込とWEB完結申込に必要な書類の違いを分かりやすく表にまとめました。それぞれのメリットとデメリット踏まえて、どちらが自分に適した申込方法か考えてみましょう。

 

審査申込と主な必要書類
カード申込 本人確認書類,収入証明書
WEB完結申込 本人確認書類,収入証明書,銀行口座,社会保険証

 

カード申込は、本人確認書類と収入証明書類の2つを準備します。WEB完結申込の場合はこれに加えて、銀行口座と社会保険証が必要です。

WEB完結申込の返済方法は口座振替に設定されるので、銀行口座の準備がいります。SMBCモビットのWEB完結申込は、国民健康保険の加入者は利用できません。あくまでも社会保険証を持つ人だけがWEB完結申込を使えます。

電話連絡や郵送物が自宅に届かないWEB完結申込ですが、国民健康保険の加入者や書類の準備が面倒な人などはカード申込が適しているので、自分の意向に沿った申込方法を選択しましょう。

 

ポイント②:SMBCモビットの必要書類の提出方法は?

point 2
提出方法は
3種類!

 

SMBCモビットの必要書類の提出方法は、WEBでアップロード、自動契約機でスキャン、写しを郵送、の3つから選べます。どの方法でも必要書類をきちんとすれば問題ありません。自分にとって都合が良い提出方法を選択しましょう。

 

必要書類の主な提出方法
WEB提出 SMBCモビットの会員専用サイト「Myモビ」から提出するか、公式アプリから写真を撮って提出する方法
自動契約機 SMBCモビットか三井住友銀行の自動契約機の中に入り、専用のスキャナで必要書類を提出する方法。
郵送 コピーした必要書類を封筒に入れてSMBCモビットに直接郵送する方法。一番時間が掛かる。

 

WEBを利用する場合は、SMBCモビットの会員専用サイト「Myモビ」からアップロードするか、公式アプリで写真を送って提出します。パソコンやスマートフォンの扱いに慣れていれば非常に簡単に手続きが完了します。

SMBCモビットか三井住友銀行の自動契約機を使って必要書類を提出する方法もあります。近くの自動契約機に行く手間がかかりますが、専用のスキャナで読み取るだけなので提出はすぐに終わります。SMBCモビットは全国に約400台、三井住友銀行は約680台の自動契約機があるので利便性は高いです。

郵送の場合は、コピーした必要書類をSMBCモビットに直接送ります。3つの提出方法の中で一番時間がかかるのが郵送手続きです。また、不足書類や記入漏れがあるとさらに時間が必要になるので、急いでお金を借り入れたい人には適していません。

3つの提出方法の中で一番のおすすめはWEB提出です。時間や場所を選ばず、手続きができるのでインターネットに抵抗がない人はWEB提出で手続きをしましょう。

 

ポイント③:SMBCモビットの必要書類を提出するタイミングは?

point 3
書類提出は
仮審査のあと

 

SMBCモビットに必要な書類の提出は申し込み手続きの始めではなく、仮審査を通過してからです。仮審査の段階で落ちても、本人確認書類や収入証明書類を提出していないので安心です。

まずは、SMBCモビットで借入ができるまでの大まかな流れを見てみましょう。

 

SMBCモビットの審査の流れ
  • WEB審査の申込み
  • 本人確認の電話
  • 仮審査通過のお知らせ
  • 必要書類の提出
  • 本審査の開始
  • 本審査の結果連絡
  • キャッシング開始

 

SMBCモビットに申し込むと審査が開始されます。先に説明しましたが、WEB完結申込以外で申し込みすると申告した本人の番号に確認の電話が入ります。その後、仮審査に通るとSMBCモビットから連絡がきます。

本審査の手続きをするにあたって書類の提出が必要になるため、ここで本人確認書類や収入証明書類を準備しましょう。WEBや郵送などで必要書類を出すと本審査が開始されます。無事本審査に通過すればSMBCモビットでキャッシングが利用できる流れです。

WEBや電話で利用申込をすると、内容によりますが最短30分で審査が完了します。よって、早ければ申し込んだその日に書類が必要になるので、手続きをする前に用意するとスムーズです。

 

SMBCモビットの審査で必要書類を提出する時の注意点は?

SMBCモビットの必要書類の提出で注意点などはありますか?
運転免許証だけは両面撮影をした方が再提出の可能性を減らせます

 

申込に必要な書類や大まかなフローが分かったところで、続いてはSMBCモビットの審査で必要書類を提出するときの注意点を紹介します。

今回紹介する注意点は先に少し触れましたが、有効期限のものを必ず使うこと運転免許証は両面を撮影ことピンボケや照り返しに注意すること、の3点です。

この3つを注意しないとSMBCモビットに正確な内容が伝わらず、審査が遅れる可能性があります。3つとも少し気を付けるだけの注意点なので頭に入れておきましょう。

 

必要書類の注意点は?
  • 有効期限のものを必ず使う
  • 運転免許証は両面を撮影!
  • ピンボケや照り返しに注意!

 

それでは、順番に詳しく解説します。

 

注意点①:有効期限のものを必ず使う

注意点 1
必要書類は
有効期限内で

 

本人確認書類は有効期限外のものを提出しても認めてもらえません。必ず有効期限を確認してからSMBCモビットに提出するように気を付けてください。

運転免許証や健康保険証には必ず期限が記載されています。それぞれ期間更新がありますが、更新前のものを提出するなどのミスが多いです。期限切れのものは本人確認書類として扱われないので、特に注意してください。

 

注意点②:運転免許証は両面を撮影!

注意点 2
運転免許証は
必ず両面を

※住所変更のない人は片面でOKですが、意外と忘れがちなので両面撮影して提出した方が間違いが少ないです。

 

運転免許証を本人確認書類として提出する場合は、顔写真がある表面だけでなく裏面も撮影するのがポイントです。名前や住所に変更があると運転免許証の裏に記載されます。申し込みには正確な情報が必要なので、裏面も忘れずに提出しましょう。

運転免許証をSMBCモビットに出すときは、必ず両面を撮影すると覚えておけば不足なくスムーズに審査が実施されます。

 

注意点③:ピンボケや照り返しに注意!

注意点 3
写真写りを
丁寧に撮影

 

書類を撮影してSMBCモビットに出すときは、ピンボケや照り返しに注意してください。文字がしっかり読み取れないと提出しても意味がありません

申込時に申告した内容と照合ができないので審査に時間がかかるなどの影響があります。文字が鮮明に見えるように気を付けて撮影しましょう。

ピンボケや照り返しで文字が読めない場合や書類の一部しか写っていないケース、顔写真を隠していると提出が認められないので特に注意してください。

 

写真撮影でダメな事例

  • ピンボケで文字が読めない
  • 光の照り返しで文字が読めない
  • 書類全体が撮影されていない
  • 顔写真部分を隠している など

 

以上4点に気を付けてSMBCモビットの審査に必要な書類の写真撮影をしましょう。

スマートフォンで撮影する場合は、機種によりますが撮影する書類を写して画面を軽くタッチすればピンボケが解消されます。

光の照り返しも上記の方法で調整できますが、うまくいかない場合は電気を消したり、撮影場所を変えたりして工夫しましょう。フラッシュ撮影を切り替えるときれいに撮影できるので試してみてください。

書類の撮影に集中するあまり全体を写さずに提出する人がいますが、これも不足に該当します。顔写真も必要なので隠さずに撮影しましょう。

撮影した写真をしっかり確認してから提出するとミスに気づけて、スムーズに手続きが完了します。

 

SMBCモビットの必要書類の提出でよくある質問

SMBCモビットの審査と必要書類でよくある質問をまとめました。
ここにない疑問や質問などがあればお気軽にご連絡下さいませ♪

最後に、SMBCモビットの必要書類の提出に関わるよくある質問を3つ紹介します。今回紹介するのは、収入証明書の提出が必要か否か、運転免許証・パスポートの両方持っていない場合の対処法、給与明細・源泉徴収票が手元にない場合の対応について、の3つです。

3つとも非常によくある質問なので、SMBCモビットの申込前に必ずチェックしておきましょう。今回紹介するQ&Aで疑問や不安が解消されない場合は、お気軽にご連絡してください。お金に関する大切な契約なので隅々まで把握し、納得してから申し込みましょう。

 

質問①:SMBCモビットの審査では収入証明書の提出は必要ですか?

SMBCモビットの審査では収入証明書の提出は必要ですか?
原則、収入証明書の提出は必要になっています。

 

SMBCモビットの審査では、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書の提出は原則必要です。ただし、必ずしも全員が提出するわけではありません。次の条件に該当するとSMBCモビットに収入証明書類の提出が必要です。

  • SMBCモビットの契約金額と他社借入額を合わせて100万円を超える場合
  • SMBCモビットの借入希望金額が50万円を超える場合

総借入金額が100万円を超えた場合SMBCモビットの借入希望額が50万円を超えると必ず収入証明書類が必要です。ただし、この条件に該当しなくても場合によっては収入証明書類を提出する可能性があります。

申し込み手続きをしてから書類を要求されてもすぐに準備ができません。収入証明書類は提出するものと考えてあらかじめ手元に用意することをおすすめします。

 

質問②:運転免許証もパスポートも持っていないんですが…

運転免許証もパスポートも持っていないんですが…
その時は、健康保険証と住所が確認できる書類を提出しましょう。

 

先に説明したとおり、SMBCモビットの申込には本人確認書類の提出が必要ですが、運転免許証やパスポートがなくても健康保険証があれば問題ありません。名前と住所、生年月日が正確かどうか確認して送りましょう。

健康保険証によっては手書きで住所を書くタイプのものがあります。未記入の場合は忘れずに記載することが大切です。

 

質問③:給与明細や源泉徴収票を持っていないんですが…

給与明細や源泉徴収票を持っていないんですが…
最寄りの役所で所得証明書等を発行してもらうのがおすすめです。

※そのほか、会社の経理担当者に言えば、給与明細や源泉徴収票の再発行は可能です。

 

会社員の人で給与明細や源泉徴収票がない場合は、所得証明書を準備しましょう。市役所などでその場で簡単に所得証明書を発行してもらえます

所得証明書を発行するときの注意点は、その年の1月1日時点に居住していた市町村の役場に行かなければ手に入らないことです。それ以外の役場に行っても所得証明書は発行してもらえないので気を付けてください。

手続きには本人確認書類と印鑑が必要で、役場で渡された書類を記入して提出しましょう。なお、発行には1部300円の手数料がかかります。また、前年の所得証明書が欲しい場合は、6月以降にならないと発行できないことを覚えておきましょう。

会社の経理担当にお願いすれば、給与明細や源泉徴収票の再発行ができます。会社の規定によりますが、手数料が発生しないケースがほとんどです。

給与明細や源泉徴収票を要求すれば借入契約がバレると心配する人がいますが、どちらもさまざまな手続きで必要になる書類です。書類をなくして再発行を依頼する人も多いので、そこまで気にする必要はありません。とは言え、バレる可能性はゼロではないため、自分の意向に適した方法を選びましょう。

 

SMBCモビットの申込中に必要書類を用意しても審査に十分間に合います!

SMBCモビットなら審査中に必要書類を準備しても間に合います
必要書類で分からないことがあっても気軽に相談できるから安心ですね♪

 

SMBCモビットの申込に必要な書類について詳しく解説してきました。事前に書類を準備してから申し込むとスムーズに手続きができますが、申込中に必要書類を用意しても審査に十分間に合うので安心してください。

必要書類がそろった時点でスピーディに本審査が実施されます。すぐにお金を手に入れたいときは手元に書類があると便利ではあります。

簡単で迅速に借入手続きが完了し、簡単に借入ができる方法としてSMBCモビットがとてもおすすめです。まだ利用したことない人は、ぜひ利用検討してみてください。